ご提供サービス

1. コンサルティング顧問契約

中長期的に本質的な業務改善を行いたい、比較的大きなテーマを扱いたい、リーダを育成したい場合に最適です。

データエンジニアリングに関する技術コンサルティング(設計改善、設計品質見える化、原因分析、パターン認識等)、仕組みづくり(教育体系、組織、ツール)、研修、講演などをトータルに支援。

hpimage - 中長期本質的な.jpg

継続的なお付き合いのため、御社の組織風土、業態、制約条件、固有技術などのヒアリング、調査を深く行いつつも、相対的には調査時間が占める割合は小さくなります。そのため、最も費用対効果が高いサービスとなります。通常、半年~1年契約(年度更新)です。

当社準備のソフトウェア、ツール類(品質工学の実験計画シート、パラメータ設計データ分析シート等)は自由にお使いいただけます。

料金例

御社への訪問+宿題事項対応+メール等での問い合わせ対応の場合

スポットコンサルティングからの移行の場合、初回スポットコンサル料金分割り引きします(実質事前相談が無料)。
著書を月数分だけプレゼント(12か月契約の場合、12冊)

初回登録料金+月額料金(訪問日数×単価)×契約月数:詳細お問い合わせください。

2. 社内研修

既存の社内研修プログラムの外部講師として参画。品質工学、信頼性工学、統計的手法など。実習研修、著書輪読解説などもご相談ください。

研修メニュー例:品質工学ベーシック講座、品質工学実習講座、統計的品質管理ベーシック講座、XCN®ベーシック講座、XCN®実践講座、パターン認識ベーシック講座 等

料金例

当社のメニューからお選びいただき、簡単なカスタマイズのレベルの場合。
完全カスタマイズの場合ご相談ください。
ご希望により、終了後30分~1時間程度の意見交換会(個別相談等)を無料提供します。
取りまとめていただければ、著書を20%引きでお分けいたします。

半日(3時間):14万円
1日(6時間):24万円

3. 講演

御社の希望テーマ、対象者にそった内容の講演。
いくつかの講演メニューからお選びいただき、御社向けにセミカスタマイズします。

講演メニュー例:「これでわかった!超実践品質工学」「設計段階のリスクを未然にあぶり出す新手法XCN®」「エネルギー比型SN比」ほか。

料金例

当社のメニューからお選びいただき、簡単なカスタマイズのレベルの場合。
完全カスタマイズの場合ご相談ください。
ご希望により、終了後30分~1時間程度の意見交換会(個別相談等)を無料提供します。
取りまとめていただければ、著書を20%引きでお分けいたします。

半日(3時間):14万円

※講演のみ、研究会などの非営利団体様は料金のご相談に乗りますので、お気軽にお問い合わせください。

4. スポットコンサルティング

単発課題で相談したい場合に、1日単位でご契約いただけるコンサルティングサービスです。お試し的な意味合いがあり手軽です。

料金例

時間内でしたら、何テーマでも受け付けます。

半日(3時間):14万円/半日
終日(6時間):24万円/日

引き続き、コンサルティング顧問契約に移行された場合は、顧問料金より初回スポットコンサル料金を割引きます。

5. カスタム分析ソフトウェアの開発

御社特有の製品の検査アルゴリズムなど、御社用のカスタムソフトウェアの企画・開発・制作を行います。市販のソフトウェアのご紹介もあります(割引あり)。

料金例

個別にお見積りします。
また、場合により適切な市販ソフトウェアを紹介いたします。
アングルトライ社のパターン認識ソフトウェアはお得な割引販売あり。

※旅費等の経費、消費税は別途申し受けます。
※開業初年度特別料金です。料金は予告なく改定させていただくことがあります。


技術説明

データエンジニアリングとは?

本来、データは無機質な数字や文字などの集まりです。
これをエンジニアリング(実験計画と解析技術)の力で、データに意味や価値という命を与え、
御社の製品価値向上、生産性向上、ロス低減等に事業貢献し、成果金額にコミットします。

このような技術の総称をデータエンジニアリングと呼んでいます。

hpimage - データエンジニアリング.jpg

超実践品質工学

従来のタグチメソッドを早く・成果のでる実践的内容に進化

分かりやすい機能定義メソッドやズバリ設計品質を見える化するエネルギー比型SN比を用いて、
短時間での設計品質の見える化・改善・最適化を実現します。
市場品質・クレームの低減のほか、工程内の不良率・ロス改善に貢献します。
多数の試作が困難な製品では、直交表を使わない方法を指導します。

パターン認識

検査の自動化、分類、予測などを低廉なパソコンレベルで実現

音、波形、画像、機器分析データ、製造プロセスデータなどを用いた、良品と不良品の自動判別を行えます。
また、プロセスデータから歩留まりや品質傾向などの将来予測を行うことも可能です。
さらに、予測の結果を先取りして、結果を最適化するためのプロセスの制御を実施した事例もあります。

設計リスク抽出・デザインレビュー

設計の見落としやミスをチェック

新手法XCN®(クロスチェックなぜなぜ分析)によって、設計品質リスクを未然にあぶりだします。
これをデザインレビューや品質評価計画に反映することで、確実な設計品質確保を可能にします。
当社はXCN®の商標使用許諾を三菱電機株式会社から受けている唯一の企業です(2017年1月現在)。

日刊工業新聞(2015年5月13日付)で紹介されました。

 

不具合原因分析・製品企画分析

大量のデータの中から意味のある知見を抽出 

プロセスデータ等の統計分析から不具合原因を探索します。不具合の原因究明・改善や、客先への説明に有効です。
新製品、試作品のユーザアンケート結果などから、市場に受け入れられる製品の魅力を分析し、製品企画に反映します。


成果事例

直交軸ギヤ搭載減速機の評価時間を1/10以下、製品の高効率化・長寿命化・低コスト化を実現。

出典:鶴田, 村井, 牟田, 末永:新型直交歯車の開発, 品質工学研究発表大会QES2006, (2006)

目視で確認していたはんだの検査を、接合時の温度プロファイルデータを用いたパターン認識によって、自動化を実現。流出率1/10化、検査コスト1/100化を実現。

出典:鶴田,岩田,杉浦:T法およびその改案法の汎化能力の検証~はんだ接合検査工程の自動化開発~, 品質工学研究発表大会QES2011, (2011)

出典:登録特許5328707号

交互作用(設計パラメータ間の悪い副作用)が大きい高周波電子回路の設計において、シミュレーションを用いた新方式の繰り返し最適化により、従来の1/6の時間で設計を完了。

出典:鶴田, 中川:高周波回路のパラメータ設計, 品質工学研究発表大会QES2013, (2013)

XCN®による設計リスク抽出の大幅な網羅性向上(抽出数の増加)は大手電機メーカの多数の事例で実証済み。

出典:鶴田明三:設計品質リスクを未然にあぶりだす新手法XCN(クロスチェック付きなぜなぜ分析), 日本品質管理学会, 第107回研究発表大会, (2015)

エネルギー比型SN比による、品質評価の適正化、利便性向上は、メーカや学会・研究会の多数の事例で実証済み。

出典:鶴田明三:エネルギー比型SN比~技術クオリティを見える化する新しい指標~, 日科技連出版社, (2016)